JiBiz
BUSINESS
KNOW-HOW

海外でビジネスする
中国で仕事する
戦う日本人企業家のための
勇気百倍・元気の出るWEBLOG

中国ビジネスマナー入門 2010 その19 劉備の心で曹操になる April 28, 2017 (Fri)

Share on FacebookTweet about this on Twitter

2010/09 初掲載

トラブル相手の要求や抗議にちょっとでも怯めば、それこそ相手の罠にはまったも同然です。相手の思うツボといいますか、どこまでもつけあがっていいよ、舐めていいよ、という許可証を出したのと同じです。

逆に、こちらが一筋の迷いもなく、一歩も引かず、どこまでも冷静かつ強気な態度で臨めば、まず、それ自体を相手は脅威に感じます。悪意があるときほどそうです。悪意のある中国人にとって、最も厄介かつ怖いものが、敵のまったく動じない胆の据わった態度なのです。

そして、勝ち目がないと判断すれば、自分にとっての損得を計算し、最終的には折れてもきます。

折れてきた相手には、それはそれとして、また友好的に接すればよいのです。そういうオトナとしての余裕も必要です。

けれども、日本人にはなかなかそれが理解できません。きっと、そういう感性がないのだと思います。そして、そういう目に遭ってもなお、良識あふれる穏やかなこの国で育った日本人は、そういうやり方はよくない、いやらしい、品位がないと思いがちです。

けれども、それが正しい防御のしかたであって、善意と誠意と情けを尽くしても、あるいは合理性と知性をもって対処してもなお相手が歯向かってきた場合は、目には目を、歯には歯を、どころか牙をもって応えていく胆力がないと、一気に支配されてしまうのです。

なにがあっても翻弄されないこと。よく観察・洞察し、分析し、友好的対処がなお通じるか、それとも戦闘態勢に出るべきかを見極め、決断できること。いったん決断したら、一切の情を排除し、智慧をめぐらせ、用意周到かつ徹底的に相手を追い詰めていくこと。

そうするだけの腹の据わっていること。

それを、ゲームのように楽しめること。

これが、中国ビジネスの掟です。

喰うか喰われるかの闘いなのです。智慧のあるほうが勝つのです。

つづく

Share on FacebookTweet about this on Twitter