JiBiz
BUSINESS
KNOW-HOW

海外でビジネスする
中国で仕事する
戦う日本人企業家のための
勇気百倍・元気の出るWEBLOG

中国ビジネスマナー入門 2010 その17 80後(パーリンホウ)の憂鬱 April 22, 2017 (Sat)

Share on FacebookTweet about this on Twitter

2010/09 初掲載

いまの中国には新たな問題があります。

それは、「80後(パーリンホウ: 80年代以降生まれ)とそれ以前の人間では、価値観がまったく違うということです。(中国だけと思ったら、実は日本でも、「ゆとり教育人間」に企業が四苦八苦しているようですね)

明らかに違いのあることは感じていましたが、中国人でも理解できないそうですから、外国人にはなお理解できないでしょう。

以前の中国では、「社会的責任」や「善」が、人民にとって大事なものでした。けれども、新しい世代にとってなにより重要なのが、「利益」「儲け」「お金」であって、伝統的な「責任」や「善」が通じなくなっているということです。

その価値観は、天安門を境にして変わったそうです。家庭教育も、学校も、大学での教え方も。

大卒中国人の能力は非常に優れている一方で、ひたすら詰め込み式教育というのがいまの中国です。ですから、ものごとをどう考えどうとらえるか、という思考能力の欠落している人間多いのは事実です。

つづく

Share on FacebookTweet about this on Twitter