JiBiz
BUSINESS
KNOW-HOW

海外でビジネスする
中国で仕事する
戦う日本人企業家のための
勇気百倍・元気の出るWEBLOG

ミャンマー3空港入札敗退、「親日」が好きなひ弱なニッポン その2 August 17, 2013 (Sat)

Share on FacebookTweet about this on Twitter

駆け引き上手、ミャンマー

国と国との関係は、恋の駆け引きに似ています。

都会に出てきたばかりの超絶美人のミャンマ子ちゃんは、めちゃモテガール。ミャンマ子ちゃんのハートを射止めようと、日太、韓太、中太は猛アタック。でも、ウブに見えてなかなかしたたかなミャンマ子ちゃん、どの男子にも「アナタだけ♪」と甘~い声でささやいて、それぞれに「ミャンマ子ちゃんはオレに気がある」と期待させておきながら、頭の中では、どの男子をどの場面でどう使おうか、その使いどころをはじき出しています。

もともと、ミャンマ子ちゃんは、ステディなカレなんて考えていません。だって、モテるんですもの。そんな必要ないでしょ。ひとりに決めるなんて。日太とも韓太とも中太ともつき合ってぇ、それぞれに貢がせて、利益を引き出さなくちゃ。フフ、あの三人仲悪いから、うまく競わせて、おいしいとこ取りしちゃおーっと。これって、モテ女の特権よね~。

みつぐ君 ニッポン、アッシー君 日本

そうとは知らないダサ男な日太、ミャンマ子ちゃんの心は自分のものだとばかり思っていました。が、ある夏、知ってしまったのです。ミャンマ子ちゃんが、韓太とも中太ともつき合っていたという衝撃の事実を。しかも、自分よりずっと親密な関係らしい。それじゃ、本命は韓太か中太ってわけ? 愕然とくる日太。だって、「日太クン、好きよ♫」ってあんなに言ってくれてたじゃない、ミャンマ子ちゃん? いったい、なにがいけなかったの? なにが足りなかったの? 日太はもう、なにがなんだかわかりません。

「日太クン、お願い♬」っておねだりされるままに、ホイホイとクルマを出し、ホイホイとプレゼントしてきた日太。けれども、モテガールはいつ掌を返してくるかわかりません。男を虜にする美しい女性は、いつだってミステリアスで残酷なのです。

ミャンマ子ちゃんの心の中はこうです。「日太は、このあいだお金をいっぱい置いていったから、しばらくは用なしなんだけど。でも、とりあえずキープしておくのも手よね。どこかで使えるかもしれないし。生かさず殺さず、やっぱコレでしょ」。日太が貢いだお金でちゃっかり新しいお洋服買って、韓太や中太とデートに行くミャンマ子ちゃん。

こんなミャンマ子ちゃんの大本命は、実は、もっと別のところにいたりして。米太とか、英太とか、仏太とか、豪太とか・・・。でも、恋愛経験豊富で女のコの扱いもスマート、駆け引き上手の彼らだったら、ミャンマ子ちゃんのささやきに惑わされずに、絶妙の距離感で、もっとうま~くオトナの恋を演じていくのでしょう。日太くんに必要なのは、恋の修行かも。

つづく

Share on FacebookTweet about this on Twitter