JiBiz
BUSINESS
KNOW-HOW

海外でビジネスする
中国で仕事する
戦う日本人企業家のための
勇気百倍・元気の出るWEBLOG

中国ビジネスマナー入門 2008 その9 必携!戦う中国語(日本語?) March 20, 2017 (Mon)

Share on FacebookTweet about this on Twitter

2008/04 初掲載

  1. 裁判所に訴えるぞ!
  2. 政府に言いつけるぞ!
  3. 謝罪と賠償をしろ!

以上三つのフレーズが、中国人にクレームをつけて戦わなければならないときに必要な言葉です。いえ、心配には及びません。日本語でOKです。要は、こちらが本気で怒っている、なめんなよ~、という態度をはっきりと示すのが大事だということです。

中国人が自分の非を認めないのはふつうのことです。それどころか、あくまでも自分を正当化してきます。けれども、そのことにより、明らかにこちらが損害を被るとき、あるいは、受けるべきサービスを受けることができないとき、決して引いてはいけません。引いてしまっては負けです。相手の思う壺です。

中国では、沈黙が金だとか、控えめが美徳などという日本的な感覚は一切通用しません。こちらが本気で挑んで初めて、相手はこちらを同等とみなすのです。日本語でかまいません、断固として戦いましょう!

つづく

Share on FacebookTweet about this on Twitter