JiBiz
BUSINESS
KNOW-HOW

海外でビジネスする
中国で仕事する
戦う日本人企業家のための
勇気百倍・元気の出るWEBLOG

August 2013 Monthly Archives


私の周りには反日はありません 中国カントリーリスク解消のヒント その2

バスターミナルのおじさん@上海川沙

ワタシは「ミシミシ」じゃないんだけど 建外SOHOのエレベーターで乗り合わせた隣の撮影会社社員。満員のエレベーターで、私に「ミシミシ」。ミシミシとは「メシメシ」のことです。日本鬼子(日本人への最大級の蔑称)=日本軍人の出てくるTVドラマで覚えたのでしょう。「ミシミシじゃないよ、メシメシだヨ」と発音を直してあげる私。今度会ったらおしえてあげましょう。「メシ、メシだけじゃないよ。日本男性は、メシ、フロ、ネルの三つだからね。ちゃんと覚えておいてね&# …


私の周りには反日はありません 中国カントリーリスク解消のヒント その1

なぜか一緒に記念写真@上海人民広場

反日はごく一部でしかなく、大多数は日本に興味津々 反日とはいいますが、中国人=反日なのではありません。農村から地方都市、地方から都会に出てきて不満のある若者、中国の政治体制に不満のある一部の人が反日に転嫁するのであって、日本好きとは言えないまでも、実際は日本に興味津々の中国人が大多数だという事実は知っておく必要があるでしょう。そして、個人対個人の関係がすべてのもとになるということも。 ウチが個人的に倉庫の管理を依頼している地元男性。先日、「倉 …


ジモティーの勧め 騙されたつもりで、中華コミュニティーの一員になってみる

日本人の根城@北京発展大廈

現地法人のローカル化は自分から 中国を内側から眺めていますか? 日本人村からではなく、中国社会に入り込んで。フツウの人と広くつき合っていますか? 政府トップや取引先や一部のハイソな人たちとだけでなく、なんでもない人たちと。ときには中国人と同じように行動してみたり、中国人になったつもりで自由に街を歩いていますか? 日本人とではなく、ひとりもしくは中国人と一緒に。赴任地域のジモピーあるいはジモティーを名乗れますか? 現地コミュニティーであなたの顔を …


中国の企業会計はおこづかい帳レベル? 中小企業の中国子会社の悩み その2

会計事務所事務室@北京双井

発票がすべての中国会計 日本ではレシートも証憑になりますが、中国では不可です。そして、なぜ小さなお店(や大家、会計事務所まで!)がファーピアオを出し渋るかと言いますと、発行すると収益が補足され税金がかかるからです。 とはいえ、こういうお店でも、「収据」「収条」といったレシートまたは手書きの受領証は出してくれるところも多数です。そして、これらは、地道にがんばれば、後でファーピアオにしてもらえることも多いのです。たとえば、合計100元以上になった …


中国の企業会計はおこづかい帳レベル? 中小企業の中国子会社の悩み その1

税務申告書と監査報告書@北京現地法人

「若」の切実な悩み 中小企業の中国進出でよくあるのが、現地法人・工場設立後、本社次期社長である御曹司(通称「若」)が定期的に出向いて現地法人を管理・チェックするという体制です。「若」は大概、現地従業員との中国語でのコミュニケーションは不可、よって日本語要員に多大な権限を与えがちです。こういった、普段は中国人に経営を任せているというパターンの会社にありがちな問題の一つが人事労務関係、もう一つが経理です。そして、厄介なことに、両者はたいてい連動して …


めざせ老板!工商局はきょうも人民で大賑わい 「チャイニーズ・ドリーム」

北京工商局朝陽分局庁舎

「チャイニーズ・ドリーム -大衆資本主義が世界を変える」(丸川知雄著: ちくま新書)。 新聞の紹介文によりますと、中国経済を専門とする東大教授の著者は、中国経済のダイナミズムを生み出す真の主体、成長の原動力は民間企業だと主張、大衆がわずかな資本で次々に会社を創業し、資本家にのし上がる状況を「大衆資本主義」と定義。現況を「多産多死」と指摘し、中国大衆資本主義の将来を楽観視はしていないものの、一方で、日本は、中国との取引を避けると、中国経済の最も躍 …


中国ではなんでも三倍か三分の一にしてみたほうがいいという法則

路上のかばん店 言い値は3倍?@北京北新橋

いえ、これは別に、政府の新しい規定ではありません(笑)。ワタクシが勝手に名づけたのです。たとえば・・・ 秀水市場も人民も、言い値は常に三倍 会計事務所も銀行も安ホテルも、三回言わないと動かない 三日でできると言われたら、十日はかかると思うべし 相手が困っていると見れば、値段はいつの間にか三倍になる 秀水市場で「中国力」を鍛えよ 秀水市場というのは、北京の地下鉄1号線永安里駅の西北に位置する、中国の日本大使館サイトにて注意が促さ …


ミャンマー3空港入札敗退、「親日」が好きなひ弱なニッポン その3

路上の物売り@ヤンゴンのダウンタウン

親日国ミャンマーは中国より簡単だと、日本人はタカをくくっています。中国でうまくいかなかったのは、中国が親日でなかったからだと。反日のせいだと。けれども、この未知の国に比べたらこちらの知識・経験・情報もよほど多く、ビジネス環境もそれなりに整備され、ヒト的にもわかりやすい中国さえモノにできない日本に、なぜ親日という理由ぐらいで、この国を思うようになどできるでしょう。そうするには、日本人はこの国を知らなさすぎます。 東南アジアは「親日」なのか 東南 …


ミャンマー3空港入札敗退、「親日」が好きなひ弱なニッポン その2

最高裁判所庁舎@ミャンマー

駆け引き上手、ミャンマー 国と国との関係は、恋の駆け引きに似ています。 都会に出てきたばかりの超絶美人のミャンマ子ちゃんは、めちゃモテガール。ミャンマ子ちゃんのハートを射止めようと、日太、韓太、中太は猛アタック。でも、ウブに見えてなかなかしたたかなミャンマ子ちゃん、どの男子にも「アナタだけ♪」と甘~い声でささやいて、それぞれに「ミャンマ子ちゃんはオレに気がある」と期待させておきながら、頭の中では、どの男子をどの場面でどう使おうか、 …


初耳! 新発見! ストレスフリーのはずの中国人にもストレスがあった!

ストレスがあるんですよ@日本人的中国人

彼は「ストレス」あるヨと主張する 「中国人は十年先が見通せないどころか、2週間以上先のことはわかりません」にも登場の、前々からウチとの合作希望の開発区政府担当者。7月半ばから続く彼の再三の要請にも関わらず、いまだに訪問スケジュールを組めていない私たち。自分の都合で急かす中国人の勝手さにムッときた一番番頭(別名共同経営者)、「別にウチは、合作しなくたっていいんだから。それなら他とやってくれて結構だよ」 これを受けて、相手に電話してその勝手さを問 …

1 / 212