JiBiz
BUSINESS
KNOW-HOW

海外でビジネスする
中国で仕事する
戦う日本人企業家のための
勇気百倍・元気の出るWEBLOG

中国の企業会計はおこづかい帳レベル? 中小企業の中国子会社の悩み その2 August 23, 2013 (Fri)

Share on FacebookTweet about this on Twitter

発票がすべての中国会計

日本ではレシートも証憑になりますが、中国では不可です。そして、なぜ小さなお店(や大家、会計事務所まで!)がファーピアオを出し渋るかと言いますと、発行すると収益が補足され税金がかかるからです。

とはいえ、こういうお店でも、「収据」「収条」といったレシートまたは手書きの受領証は出してくれるところも多数です。そして、これらは、地道にがんばれば、後でファーピアオにしてもらえることも多いのです。たとえば、合計100元以上になったらまとめてとか、毎週何曜日には会計士が来てファーピアオを作成してくれる、といった具合にです。大きなスーパーには、レシートをファーピアオにしてくれるサービスカウンターもあります。それを積み重ねていけば、帳簿と実際はかなり近づくはずです。また、こういった問題であれば、社内で現金出納帳をきっちりつけることで、実際の現金の動きは把握できます。

中国は「若」にやさしくなかったのだ

けれども、「若」の悩みはたいていより奥深いのが常です。たとえば、仕入先がファーピアオを出してくれないといった深刻な事態である場合も。仕入といえば、どんな業種であってもかなり大きな金額になるでしょう。通常、ファーピアオを発行しないとは考えられませんが、そうであったとしたら、3ヶ月分まとめてでいいから出せとか、ファーピアオと支払いは交換だとか、当然対策を講じるべきです。

言葉の壁、人の壁、欲の壁

ところが、それが経理担当従業員の怠慢あるいは仕入先との結託によるものだとしたら?これが、いくら分析しても、問題の抜本的解決にはつながらないであろう第二の理由です。たとえば仕入代金は3000元でも、「仕入先はファーピアオを出してくれない」わけですから、4000元ということにして、1000元をちゃっかりくすねて仕入先と山分けだって楽勝です。実態に基づかないB/Sを作成していますから、どこをどうひっくり返してみてもそれは出てきません。

つまり

  1. 「若」本人が中国語が苦手かつ中国のシステムに疎い
  2. 日本語のできる特定の従業員に多大な権限を付与
  3. 日本語要員の実質的な総経理化
  4. 経理は暗闇へ・・・

というわけですが、この真っ暗闇からお日さまの当たるところへ抜け出る方法がないわけではありません。

  1. 問題従業員を計画的・合法的にクビにする
  2. 「若」の右腕となって経理浄化を図る人材を一定期間外部から投入、社内システムを立て直す
  3. 徐々に信頼できる従業員に業務を移行・教育するとともに、
  4. 定期的に人事・経理監査を実施・・・

たとえばこれがウチのひとつのやり方ですが、いずれにしても、中国ではお金(の問題)と人事(の問題)は切っても切れないということを、「若」の問題は物語っています。

Share on FacebookTweet about this on Twitter