JiBiz
BUSINESS
KNOW-HOW

海外でビジネスする
中国で仕事する
戦う日本人企業家のための
勇気百倍・元気の出るWEBLOG

発表!日本車のシェア@北京2013中流住宅街調査結果 July 20, 2013 (Sat)

Share on FacebookTweet about this on Twitter

って、単にシロウト加藤による個人的な実地調査の結果ですが。

最近よく出入りする北京のCBDに位置する住宅街。その集合住宅そのものは、日本人から見ればたいしたことないのですが、あたり一面停められている自家用車は、ほとんどが外車か日本車。見たところ、中国車は少数派です。そこそこの家に住み、外車か日本車に乗る。それが、いまの北京の平均的中流家庭なのだと思われます。

北京は日本車率高し

ところで、実際、日本車はどれぐらいの割合なんだろう?知りたくてたまらなくなってしまったワタクシ。とある日の夕方、住宅街の一角の図面を作り、小1時間かけて車を数え、ブランドと銘柄をメモり、近くの食堂で餃子をパクつきながら集計してみたところ・・・

日本車の割合⇒49/139台(35%強)

して、気になる順位は?

  1. 日産(19台)
  2. ホンダ(10台)
  3. マツダ(7台)
  4. スズキ(6台)
  5. トヨタ(5台)
  6. 三菱(2台)

なんだかんだ言って日本車が多いと嬉しかったり

確かスバルも1台あったはずなのですが、その日はたまたまお出かけだったのでしょう。

いずれにしても、どうです?日本車のこの健闘ぶり。なんだかウレシクなってきませんか? 1/3もあったのでは、反日デモのたびに破壊していられないですよねぇ。それじゃあ、オウンゴールもいいところです。

そして、道路でも駐車場でも、最も目にする日本車は日産でしたので、1位日産(今回数えた日本車の40%弱)は予想されたことではありますが、その強さの秘密はどこに?

日産はルノー傘下ですから、きっと、経営がワールドワイドなのでしょう。

好奇心に始まったこのくだらない調査。まるで小学生の夏休みの自由研究ですが、中国ビジネスのヒントが見えてくるようで、あんがいあなどれないかも・・・ by加藤調査隊員

Share on FacebookTweet about this on Twitter