JiBiz
BUSINESS
KNOW-HOW

海外でビジネスする
中国で仕事する
戦う日本人企業家のための
勇気百倍・元気の出るWEBLOG

「中国人お断り」の化粧品販売店がとるべきだった対応とは? December 1, 2017 (Fri)

Share on FacebookTweet about this on Twitter

2017年11月26日、化粧品大手の「ポーラ」が「中国人お断り」の貼り紙をしていたフランチャイズ販売店を営業停止にし、委託販売契約を解除したとのニュースが伝わっています。

今回、中国人と思われるSNSユーザーが「中国の方出入り禁止」の貼り紙の写真を中国のSNSにアップしたことから騒ぎが広がり、中国人への販売を重視するポーラは、迅速な火消しを行ったというわけですが、中国人買物客のマナーの悪さに辟易している現場からは同情論も起こっているとのこと。

中国の富裕層は、すでに「爆買」から「中国人の少ない場所で日本の風情をゆったり楽しみたい」に移行しているとも聞きます。同時にその他の中国人観光客や買物客のマナーが最悪なのも事実です。

中国では、「お客様は神様」ではありません。最近、接客がとみに文化的になってきた中国ですが、基本は売手と買手は対等。価格もあってないような世界ですから値引き交渉も当たり前です。

現場では、中国人客には言うべきことはいう、はっきり断る、キチンと注意することが必要です。以心伝心とかマナーに期待してはいけません。強引さに負けて我慢し続けた結果、「こちら側がキレて」張り紙→営業停止になったのはとても残念です。

Share on FacebookTweet about this on Twitter