JiBiz
BUSINESS
KNOW-HOW

海外でビジネスする
中国で仕事する
戦う日本人企業家のための
勇気百倍・元気の出るWEBLOG

北京で行列のできる「たこ焼き屋」を発見、経営者は日本人? March 15, 2015 (Sun)

Share on FacebookTweet about this on Twitter

イラシャイマセエー、ほわいんくおんりー、はおカンシャ!

北京のとある地下鉄駅の出口。あれぇ~、日本語らしき「音」が聞こえてきます。久しぶりの日本語に耳慣れない感じ・・・

どうやら、その「音」は地下鉄階段の目の前の小さな店から出ている模様です。

若い人民が列をなすそのお店は「たこ焼き屋」でした(最近、人民も列に並ぶようになりました)。

そして、「音」の主は日本人でした。北京で堅い事業をしながら、副業で「たこ焼き屋」を始めたそうです。その時点(2014年)で2店舗目。本業の時間をぬってお店に立っているとのこと。

味は?というと、これも二重丸。北京の物価からすると割高と思える価格でも、北京の若者を引きつける何かがあるのでしょう。

Share on FacebookTweet about this on Twitter